nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D製作(G3) 撮影方法設定

 

(A)patterngraph (B)wallpapergraph (C)repeatgraph (D)latticegraph (E)texturegraph
(G1)stereobasis (G2)stereoarea (G3)stereoshot (G4)stereophoto (G5)stereoedit
(H1)anaglyph color (H2)anaglyph type (H3)phantogram (H4)anaglyph shadow (H5)anaglyph photo


 立体表示には様々な方式があり、それらの多くが基本的に、二枚の視差画像、立体写真を必要とします。
 立体写真の撮影方法は、主に三通り有ります。 それぞれの特徴に合せて、使い分けて下さい。

 
■  図A,2台のカメラで 同時撮影
 
※ 動体、不動体、共に可、
理想的な方法ですが、カメラの設置、シャッターの同期などに工夫を要します。
※ 同期させた場合、動きのある水面などが静止固定する、(液体の)固体化現象に注意して下さい。

■  図B,カメラを移動して 2回撮影
 
※ 動体:不可、不動体:可、
静物写真には手軽な方法です。 左足から右足に体重移動(cha-cha)すると数cmの間隔になります。
※ 列車、船舶から見る風物、飛行機の窓から見る風景など、移動体を利用した、長間隔撮影が可能です。

■  図C,同じ位置で 2回撮影
 
※ 水平移動体、回転移動体、
この方法は、「時間を撮る」と表現される事があります。 太陽の動きと共に移動する影など、相対的な間隔は、通常と異なる効果が期待できます。
※ 被写体の回転移動は、接写拡大写真、顕微鏡写真等に使用され、回転角、つまり傾斜角が視差角に相当し、被写体までの撮影距離に、影響されない特徴が有ります。

立体写真の基本的な撮影方法 NAKAHARA
3D写真撮影法 camera position
 

■ 平行撮影・輻湊撮影、
 幾何学的台形歪(keystone distortion)は、斜めの方向から撮影すると、“長方形が台形になる”現象で、光軸方向により、垂直台形歪と水平台形歪が有ります。

■ 輻湊撮影の場合、左右の光軸が反対方向を向く事になり、左目用画像と右目用画像で生じる 台形歪(キーストン歪)の方向が反対になります。
 台形方向が左右逆、つまり、水平視差(パース変形)と上下方向の垂直視差が発生する事になります。

立体写真の幾何学的台形歪 NAKAHARA
幾何学的台形歪 keystone distortion


■ 輻湊撮影した場合に生じた台形歪(垂直視差)は、立体視疲労の原因となるため、注意が必要です。

■ 通常、数度以下に設定した輻湊撮影の場合、両眼輻湊視の左右網膜像と同様に、発生した垂直視差の多くは、水平視差と共に補正融合されます。
 

【立体視画像の箱庭効果】
箱庭効果は、立体視した画像が、実際より小さく、実際より近くにあるよう、認識される現象であり、
レンズ間隔を広げ、視差角(輻湊角)を大きくし、景色等の遠景を眼前に引き寄せる事で,箱庭化します。
箱庭化された立体画像を、ファントグラム表示と同じ、表示画面より手前に結像する 交差視に設定する事で、
より小さくミニチュア化した 箱庭表示となります。


前ページ 次ページ

−G3−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.