nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D製作(G2) 撮影範囲設定

 

製作(A)patterngraph 製作(B)wallpapergraph 製作(C)repeatgraph 製作(D)latticegraph 製作(E)texturegraph
(G1)stereobasis (G2)stereoarea (G3)stereoshot (G4)stereophoto (G5)stereoedit
(H1)anaglyph color (H2)anaglyph type (H3)phantogram (H4)anaglyph shadow (H5)anaglyph photo


 目の前 10数cm から無限遠、視差角度(輻湊角)約30度に至る、両眼像の融合可能な範囲があります。
 この融合可能範囲の全域を、同時に融合することは不可能で、凝視点を中心に 一定範囲、融合視しています。

■ 両眼の視差像が融合し、一つの像として認識可能な視差範囲(パナムの融合域 panum's area)以外は、二つにずれた、二重の像として見ています。
融合域の前後で、二重像のずれる方向が反対になります。

■ 左右視差像の同時に融合可能な範囲(融合域)は約2度の範囲であり、この範囲内に、最短距離から最遠距離の視差を収めるよう、撮影する事が必要になります。

視差融合域 panum's area
基線間隔(stereo_basis)と撮影範囲(panum's area)

■ 遠景を含む 一般的な撮影範囲
 
[間隔:距離、1:50〜1:∞]→[視差角1度〜0度]から、
[間隔:距離、1:30〜1:∞]→[視差角2度〜0度]までの視差範囲(融合域)に設定され、視差角1度の場合「1/50ルール」、視差角2度の場合は 「1/30ルール」と表現されています。
 
※ 遠景写真等の箱庭化を避けるため、小さな視差に設定される場合が有ります。(1/100ルール)

■ 撮影範囲(視差範囲)2度の設定
 
肉眼と同じ 約7cmのレンズ間隔、2m先の被写体は、視差角2度になり、背景は視差角ゼロの無限遠となります。
※ 視差角2度:1/30ルール

■ 同様に 約7cmのレンズ間隔、1m先の被写体は、4度の視差角になります。この場合、
最遠距離の背景が2度以上の視差角となる、2m以内に設定する事が必要になります。
※ 視差角4度:1/15ルール

■ 接写拡大写真、顕微鏡写真等、厚さの少ない被写体には、大きな視差角、5度〜15度が用いられます。
 
この場合も「近距離5度−遠距離3度」〜「近距離15度−遠距離13度」になる、2度以内の融合範囲で撮影します。
※ 視差角7度:1/8 視差角14度:1/4


融合範囲を限定する “スクロール表示”です、
画像が「ずれている」場合は、リロード(F5)して下さい。
安城七夕飾り
No.0325 NAKAHARA
0325-L 0325-R 0325-L
view mark


【立体画像の書割現象】
書割現象は、前後関係、相対関係は判断できるが、
個々の被写体に厚さの無い状態です。
この 立体画像(立体写真)特有のひずみは、
視差角(輻湊角)が不足する,平行撮影の場合に生じ易く、前後方向の空間が圧縮される為に起こる現象です。
被写体と撮影条件、不連続視差に注意!。


前ページ 次ページ

−G2−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.