nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D製作(E-5) texturegraph

 

(B)wallpapergraph (C)repeatgraph (D)latticegraph (E)texturegraph (F)dotgraph
(G1)stereobasis (G2)stereoarea (G3)stereoshot (G4)stereophoto (G5)stereoedit
(H1)anaglyph color (H2)anaglyph type (H3)phantogram (H4)anaglyph shadow (H5)anaglyph photo


 連続的に変形配置する、フィールドパターン・ステレオグラム(field pattern stereogram)は、模様(texture)、写真等の短冊形パターンを用いた、素材表現に特徴が有ります。

■ FPSは、直前の短冊形パターンを基に、対応点間隔を設定、配置する事で高度変化させます。

■ 下図のように、A→B→C と順次に変化させます。
A: 模様、図柄、写真などの短冊パターンを用意します。
B: Aのパターンを基に、対応点の水平間隔を変化させます。
C: Bのパターンを基に、水平方向の対応点間隔を変化させ、以降同様に、前のパターンを配置変形します。


No.1545 texturegraph  NAKAHARA
No.1545 texturegraph



No.2325 sinuous  NAKAHARA
No.2325 sinuous


前ページ 次ページ

− (E) 5 −
 
Copyright (C) Nakahara. All Rights Reserved.