nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D製作(C-3) repeatgraph

 

(A)patterngraph (B)wallpapergraph (C)repeatgraph (D)latticegraph (E)texturegraph
(G1)stereobasis (G2)stereoarea (G3)stereoshot (G4)stereophoto (G5)stereoedit
(H1)anaglyph color (H2)anaglyph type (H3)phantogram (H4)anaglyph shadow (H5)anaglyph photo


 画像を繰返し並べる、タイリングパターン・ステレオグラム(tiling pattern stereogram)は、作品の大きさに制限が無く、交差視、平行視ともに、同じ形が見える 特徴があります。

■ タイリング方式は、水平方向に変形移動させた、移動量が三次元情報になり、上下方向に高度変化します。

■ 下図のように、A→B→C と変化させて下さい。
A: 基本画像を用意します。(画像幅が視線間隔になります)
B: Aの画像を基に、水平方向に変形処理します。
C: Aの基本画像と、Bの処理画像を一体化します。
一体化した画像(tilepiece)を上下左右に並べます。

No.1473 repeatgraph  NAKAHARA
No.1473 repeatgraph



No.3532 flowers  NAKAHARA
No.3532 flowers


前ページ 次ページ

− (C) 3 −
 
Copyright (C) Nakahara. All Rights Reserved.