nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D製作(B) wallpapergraph

 

(A)patterngraph (B)wallpapergraph (C)repeatgraph (D)latticegraph (E)texturegraph
(G1)stereobasis (G2)stereoarea (G3)stereoshot (G4)stereophoto (G5)stereoedit
(H1)anaglyph color (H2)anaglyph type (H3)phantogram (H4)anaglyph shadow (H5)anaglyph photo


 図形の計算式を必要とするRDS.に対し、ウオールペーパ・ステレオグラム(wallpaper stereogram)は、図形の計算式を用意しなくても、製作する事が出来る方法です。

■ 壁紙方式は、周期的な反復パターンに変化を与えるもので、その変化が三次元情報になります。

■ 下図のように、A→B→C と変化させて下さい。
A: 反復パターンの間隔を変えると結像高度が変化します。
B: 配置間隔変化が高度変化になり、パターンを伸縮すると、左右の傾斜高度で結像します。
C: 最後にパターン枠を取除くとRDS.風の作品になります。


No.0107 wallpapergraph  NAKAHARA
No.0107 wallpapergraph



No.0720 uneven  NAKAHARA
No.0720 uneven


前ページ 次ページ

− B −
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.