nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D製作(H5) 余色立体撮影

 

(A)patterngraph (B)wallpapergraph (C)repeatgraph (D)latticegraph (E)texturegraph
(G1)stereobasis (G2)stereoarea (G3)stereoshot (G4)stereophoto (G5)stereoedit
(H1)anaglyph color (H2)anaglyph type (H3)phantogram (H4)anaglyph shadow (H5)anaglyph photo


 アナグリフ(余色立体)画像も、その他の立体表示と同様に、左右 2枚の視差画像、立体写真を必要とします。
 立体写真の撮影方法は 「3Dの製作 G1〜G5」で、立体画像の結像位置は、「3Dの原理 3」で解説しています。

■ ここでは、アナグリフの基本原理である、フィルタをレンズ前面に取付(貼付)ける方法で、写真を撮ります。
 左のカメラに赤色(red)のフィルタ、右のカメラに水色(cyan)のフィルタを取付けます。

■ 撮影した 左側の赤色写真に、透明度 50%で、右側の水色写真を重ねると、アナグリフ画像になります。
 この時、実際に結像位置を確認しながら設定して下さい。

■ 一般的なアナグリフ用のメガネは、左側が「赤色」、右側は「水色(シアン)」の透過色に設定されています。
 左側の赤色フィルタで左目用の赤色写真を、右側の水色フィルタでは、右目用の水色写真を見る事になります。

アナグリフ写真合成プロセス,
左右の写真を重ねて、透明度を半分(50%)にすると、
アナグリフ画像(写真)になります。

アナグリフ写真合成プロセス


■ コンパクト・デジタルカメラは、レンズ径が小さく、鏡胴の先端径も25mm程度の大きさになっています。
 先端径より 少し小さい径のカラーフィルタを両面テープなどで、カメラの鏡胴先端面に貼り付けます。

アナグリフ撮影フィルタ

※ アナグリフ眼鏡は、左側が赤色に設定されています。
その、赤色フィルタで見る画像色には、「水色画像」の場合と、「赤色画像」の場合の、二つの方式が有ります。
 
 前記、“3Dの製作H2” で解説のアナグリフと、合成する画像色が、実写画像と異なる事に注目して下さい。


アナグリフ写真(余色立体写真),
基礎(基本)的な実写画像。 (oldpal tackle box),

 
アナグリフ実写画像




前ページ

−H5−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.