nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D製作(H3) 平置俯瞰立体

 

(A)patterngraph (B)wallpapergraph (C)repeatgraph (D)latticegraph (E)texturegraph
(G1)stereobasis (G2)stereoarea (G3)stereoshot (G4)stereophoto (G5)stereoedit
(H1)anaglyph color (H2)anaglyph type (H3)phantogram (H4)anaglyph shadow (H5)anaglyph photo


 左右の視差像を重ねて(重畳して)表示する、カラーフィルタ方式,偏光フィルタ方式などは、通常視を基準に平行視と交差視が混在します。(3Dの原理 3)
 平行視(非交差視)部分は 表示画面より奥に、交差視部分は表示画面より手前に立体結像します。

■ 視差像を重ねて表示する方式の特徴に,「通常視」の存在があります。  高度±ゼロの通常視から、交差視に架けて、連続的な結像位置を設定する事により、表示画面上を基点にした、”飛出る”立体表現が可能になります。

水平面表示・ファントグラム
垂直面表示,水平面表示の立体形状

■ ファントグラム phantogram
 
 平置立体表示(ファントグラム)は、(通常の)垂直表示面より、「飛出す」立体表示と異なり、水平表示面上に、「立上る」事を特徴とした、俯瞰立体表示方式です。

■ 水平表示した画像を斜め上方から、自然な形に認識する為には、斜め上方より投影し、その投影画像を真上から見た形状で、表示させる必要があります。

■ 水平面上にプロジェクタ投影する場合は、撮影方向より、通常撮影した画像を投影します。
 LCD,CRT等の水平画面上に表示する場合は、平置表示用平行カメラで、あおり撮影された写真を使用します。

通常撮影・平置表示用撮影
通常撮影・平置表示用煽り撮影
-


■ あおり加工 perspective control
 
 被写体を斜め上方45度の角度より 通常撮影し、その画像を斜め45度上方から 自然な形に見せるために、遠近補正(透視勾配補正)のコンピュータ処理を行います。

■ この遠近補正は、パースペクティブを無くする為の画像処理を行い、背景の視差を消すと共に、被写体に表示面を起点とした交差視差を与え、斜め45度から見る為の平置表示形状に画像変形処理します。

パースペクティブ補正処理

視方向45度の楕円
視方向45度の形状変化

※ 画像編集処理ソフトによる、遠近補正された、平置式俯瞰立体(ファントグラム)は、コンピュータ技術の発達と共に可能となった立体表示技術です。



前ページ 次ページ

−H3−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.