nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D製作(A-1) patterngraph

 

(A)patterngraph (B)wallpapergraph (C)repeatgraph (D)latticegraph (E)texturegraph
(G1)stereobasis (G2)stereoarea (G3)stereoshot (G4)stereophoto (G5)stereoedit
(H1)anaglyph color (H2)anaglyph type (H3)phantogram (H4)anaglyph shadow (H5)anaglyph photo


 「3Dアート」 「ステレオグラム」は、立体的に見る事ができる平面作品の総称です。 3Dとはスリーディメンション、三次元、つまり立体の事です。
ここでは、原理を理解する為に簡単な作品を作ってみます。

■ 底面が正方形の四角すいを上から、両目で見ると、
 1. 左目では、頂点が右に寄って、左の面が広く見えます。
 2. 右目では、頂点が左に寄って、右の面が広く見えます。

■ この二つの(1と2の)図を、ならべて立体視すると、そこに立体の実物が有るように感じる事ができます。

square pyramid

■ 下図のように、A→B→C と変化させて下さい。
A: 見た(る)位置の異なる、四角すいの図を並べてみます。
B: 左目の図と右目の図を、交互に並べてみます。
C: 最後に四角すい底面の、四辺を取除きます。

No.0022 patterngraph  NAKAHARA
No.0022 patterngraph


No.0828 slants  NAKAHARA
No.0828 slants


前ページ 次ページ

− (A) 1 −
 
Copyright (C) Nakahara. All Rights Reserved.