nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3Dの応用(4) realization

 

応用(1) 応用(2) 応用(3) 応用(4)


■ 3D立体データは、リアルデータへと進化しつつある。
 2014年3月、国土交通省 国土地理院,地理空間情報部は、日本全国の地形が3Dプリンタで製作可能な 立体成形データ Web配信サービス “地理院地図3D” を公開。
※ cyberjapandata.gsi.go.jp/3d/

立体地図表示例の回転コピー(黒部峡谷)
立体地図(黒部峡谷)


■ 2014年12月、東芝は、裸眼3D,15型4K液晶パネルに対応した 高精細液晶GRINレンズ技術を開発。
HD_3D表示と4K_2D表示を電気制御で切替可能な液晶レンズ付ディスプレイを「2015 International CES」で展示予定。
(www.toshiba.co.jp/rdc/detail/1412_03.htm)
※ 液晶GRINレンズ → レンチキュラレンズ(3Dの原理 5)

屈折率分布型液晶レンズ review原理図
www.toshiba.co.jp/tech/review/2013/12/68_12pdf/f03.pdf

屈折率分布型液晶レンズの2D/3D切替


■ 2016年12月、デンソーは、車両搭載用,世界最小ステレオ画像センサー(距離測定センサ)を開発 発表。
 2016年11月に発売された 「ダイハツ タント」の衝突回避支援システム 「スマートアシスト3」に搭載。

レンズ間隔 80mmの小型ステレオ画像センサ
www.denso.com/jp/ja/news/news-releases/2016/20161227-01/

stereo vision sensor




前ページ

−4−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.