nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


平行視の方法(parallel view)

 

案内(1)
案内(2)平行視交差視絶縁視鏡面視


■ 裸眼での立体視は、目をコントロールする技術です。 通常視と異なるため、若干の練習を必要とします。

★ ”印刷” した3D作品を、顔に付く程度接近し、遠方を見る視線のまま(平行視)、ゆっくり離すと、二個の黒丸が、ぼやけたまま、四個になり、内側の二個を重ねて三個にします。

★ そのまま見ていると、自動焦点機能(対応点の融合)が働き、透明感が出てきます。
 透明感が出たときに、立体視は成立しています。 さらに離すと、立体画像の全体が見えてきます。
※ 3D作品を離すと立体感が強くなります。

■ 見えない方の多くは、見方が分からない様です。 「決して作品を見ないで下さい!」 作品に視線が行くと、黒丸が二個 (通常視)になります。
通常視・平行視


裸眼立体視の視線変更プロセス
視線変更プロセス

parallel-view No.108 hole  NAKAHARA
ステレオグラム No.108



■ 「あきらめないで下さい!」。 貴方の目と脳は、
対応点を捜しています。
最初は対応点の融合に、若干の時間が必要です。
しかし、次回からは、
容易に対応点を融合してくれる事でしょう。

(このHPでは 3D立体視の解説を行っています)


前ページ 次ページ

−1−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.