nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D原理(9) 波長分割方式

 

画像並置方式 重畳表示方式 減光遅延方式 視差分割方式 絶縁隔離方式
分光視差方式 偏光表示方式 波長分割方式 時間分割方式 照明視差方式


■ 波長分割フィルタ方式は、左目用と右目用画像を二台のプロジェクタでスクリーン上に投影し、波長分離フィルタ メガネで左目と右目画像に分離します。

■ 波長分離フィルタ メガネで画像分離し、立体視する場合も立体結像基本原理は、前記(3Dの原理1)と 同じです。
 結像位置は、左右の画像を、同一面に重ねて表示する「3Dの原理 3」と同じになります。

■ RGB波帯分割フィルタ方式は,波長多重光通信の技術で、多重化された光信号の中から特定波長の光を取出す、光フィルタ OBPF (Optical Band Pass Filter)技術です。

原理図 wavelength separation system

■ 波長分割フィルタ方式(インフィテック Infitec)
DLP,LCDプロジェクタの三波長,RGB波帯を各々二分割して、左目用と右目用の波長に割当てます。
フィルタ[L]で切出された左目用画像は,R1,G1,B1,で表示され、右目用画像は、フィルタ[R]のR2,G2,B2,で表示されます。

■ この波長分割フィルタによる投影は、カラー表示であると共に、既設のスクリーンに投影可能であり、左右投影画像の分離性が高い事を特徴としています。

※ 左目側は、赤みを帯びた画像、右目側には青みを帯びた,カラーでの表示画像が投影されています。

原理図 infitec color-filter system

原理図 stereo-projector system


■ インフィテック,Infitec(interference filter technology)は、独国DaimlerChrysler社が,自動車の設計用に開発した、誘電体多層膜による,波長分割干渉フィルタ方式のプロジェクター投影,立体表示システムです。

■ ドルビー3D(Dolby 3D Digital Cinema)は、インフィテック(Infitec)方式,多層膜(左右各50層)の円盤型回転フィルタにより、左目用と右目用の映像を交互にスクリーンへ投影する方式、一台のプロジェクタで立体映写可能な装置です。


前ページ 次ページ

−9−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.