nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D原理(5) 視差分割方式

 

RDS表示方式 画像並置方式 重畳表示方式 減光遅延方式 視差分割方式
絶縁隔離方式 分光視差方式 偏光表示方式 波長分割方式 時間分割方式


■ パララックスバリア方式(視差バリア方式),レンティキュラ方式など、視線の視差分割方式を利用して立体視する場合も、基本原理は、前記(3Dの原理1)と 同じです。
 結像位置は、左右の画像を同一面に重ねて表示する「3Dの原理 3」と同じになります。

■ バリア開口部を通過する視線角度が両眼で異なる、この視差による視線分離現象を利用しています。
 立体写真等、二枚の視差画像を細長く切断し、交互に並べ、その前に開口部のある遮光バリアを配置します。
バリアと画像は同一周期で、開口部は画像に合せます。

■ パララックスバリア(parallax barrier)方式は 遮光バリアのために画像が暗くなり、バックライトを必要とします。
 この暗くなる欠点を「かまぼこ形レンズ」で解消した物がレンティキュラ レンズ(lenticular lens)方式です。


原理図 parallax system


■ かまぼこ形レンズ(cylindrical lens)は、視線の届く位置を変化させる、プリズムとして動作すると共に、(温度計のレンズ同様)線幅を広げる、凸レンズとしてはたらき、レンズ一本が一つの画素ラインとして 見える事になります。

★ 見る目の位置により、視線の届く場所が変化する、この視線到達位置変化は、見る位置が限定される欠点となり、複数の異なる画像を表示できる利点となります。
 立体表示(左右の多視点表示)の場合は、縦ライン方向に使用し、複数の異なる画像を表示(上下の多視点表示)させる場合、横ラインで使用します。
 単一方向の多視点表示を360度の多視点化し、頭を傾けても立体視可能な方法が「ピンホールアレイ方式」、凸レンズを並べた「フライアイレンズ(蝿の目レンズ)方式」です。
 多視点表示(積分表示)の事をインテグラル(integral)表示方式と、表現される場合が有ります。


■ 画像は、パララックス方式の原理を理解するため、左目と右目用画像を、赤色と水色(シアン)で交互に表示し、カラーフィルタで見る事が出来る、イメージ画像です。

パララックスシステム画像イメージ
parallax image No.7230  NAKAHARA

No.7230 parallax image
filter type


前ページ 次ページ

−5−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.