nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D壁紙集 wallpaper gallery

 


三次元空間に住む我々は、
立体視している事を、意識していません。
その無意識で当り前の事が、
平面から突然 現れた時、驚くと共に、
改めて立体感を感じ、意識する事になります。

壁紙(1)  3Dの壁紙(1)・Tile Piece 20
 タイル型 3D画像集 1
壁紙(2)  3Dの壁紙(2)・Tile Piece 17
 タイル型 3D画像集 2
壁紙(3)  3Dの壁紙(3)・Tile Piece 13
 タイル型 3D画像集 3
壁紙(4)  3Dの壁紙(4)・Tile Piece 13
 タイル型 3D画像集 4
Reserved for future.  Reserved for future.




■ タイリング(並べて表示)型の壁紙を表示します。
近距離で視差の無い、2D表示画面を見続けると、その表示に慣れて(順応して)、単眼視状態になります。

■ 3Dアート, オート ステレオグラムは 両眼で立体視する画像です。 両眼を使用するため、2D表示に順応していた 目と脳が刺激され、リセットされます。
 
viewpoint 85 pixcel
タイリング表示 10145bw

■ この3D..Art画像は 背景に設定されています。
印刷する場合は、背景も印刷して下さい。
 
■ タイリング型のステレオグラムは、PCの壁紙、
Webページの背景などに適しています。
個人的利用(商用外)は 自由に使用して下さい。




 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.