nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


3D..Art in inpaku

 


■ インターネット博覧会 internet fair 2001 japan
 
‥ 日本国政府は、新千年紀門出に際し、インターネットの普及と国内外の交流を図るため、様々なサイトをパビリオンとし、2000年12月31日から、一年間にわたり、インターネット博覧会(通称インパク)を開催しました。
 また、IT推進計画(e-Japan構想)の一つとして開催された国の記念行事で、経済的効果も期待されていました。
インパク出展パビリオン総数、「507」
 特定テーマパビリオン[209]。 国 3 、地方自治体64(道府県46)、外国政府・国際機関等 9 、民間企業・公益法人・NPO・学校法人等133 。
 自由参加パビリオン[298]。 自由参加パビリオンの応募者数は、1200件に達したと 公式発表されています。 (審査合格率 24.8%)

■ インパク公式アーカイブ inpaku official archive
 
‥ インパク公式記録「未来社会への胎動」と題して、開催の模様、関係者の声、足跡、成果、設営者リスト、そして、主要なパビリオンの内容などを、DVD-VIDEOとDVD-ROMに記録保存し、後世に伝えています。
 記録されたDVDは、設営者、関係者及び自治体図書館、大学図書館等に配布されました。


■ パビリオンNo. j0692 “摩訶不思議な世界・3Dアート”
 
‥ 国(政府)主催行事に(審査は有るものの)一般個人が参加できる事は滅多にない機会で、貴重な経験となりました。
インパク開催期間中、各種賞に推薦投票する際、記入された応援のコメントです。 多くの方々の支援に感謝し、御礼申し上げます。

01. 綺麗なホームページですね。シノプターは一応作ったのですが効果は???。あまり効果ないですね。
02. 綺麗な3D作品がたくさんあって楽しめる.見方の練習方法や,写真の撮り方の説明もあり,3Dに対する興味が深まった.
03. 好感のもてるHPです
04. 3dはおもしろいです
05. ジーッと画面とにらめっこしました

06. 興味深いですね。
07. ネットならではの、深い世界が見れました!
08. 3Dや立体が、ネットという世界に再現されていて、感動しました。
09. 0:16pm投票
10. 絵が浮き上がるのが面白かった上に,画面の見た目もセンスにあふれていていい!

11. ちょっと難しい
12. もっと大きい作品が見てみたい
13. 本当に不思議な世界でした
14. 作品が優れていますね
15. すばらしいとおもいます

16. よい
17. すごい!!
18. 宝探しをしているようで面白い
19. 3Dがたくさん見られて良かった
20. 面白かったです

21. とても面白かったです。原理も理解することができて役に立ちました
22. インターネット上で初めて見ました!
23. 為になりました。
24. 大変、ためになりました。
25. これはすごいです

26. これはまいりました
27. おしえてもらいたい!
28. 3Dアートがわかりやすく説明されていて嬉しい。特に立体視の仕方が。
29. こんな世界を表現できるなんて!感動しました。
30. 3D art、大好きです。

31. 立体視の原理等がよく分かって興味深かった



インパク会場バナー インパク ゲートサイト企画抜粋

第2回「ライバル登場」。テーマは「立体画像」,
 
テーマは正確には「飛び出る・浮き出る立体画像」。
さらに正確には「立体視」とゆーか・・・。
-
おもしろ!インパク理科室ツアー その3,
摩訶不思議な世界・3Dアート 中原 胖
画面から絵や写真がとび出して見えちゃうぞ!なんでだろう?
-
ニュース&トピックス。
努力すれば見えないものが見える?!(中原 胖)
 
絵が飛び出してくるように見え、思わず触りたくなるような
気持ちにさせられる3Dアート。
特殊なサングラスをかけて見る場合が多いですが、ここでは
裸眼で仮想立体空間を体験できます。
あなたも必ず立体視できるようになる、その技術を伝授してくれます。

ゲートサイト各種企画



インパク 月替編集長企画抜粋

田口ランディ 編集長企画、
「一人で、できる」 一人で、できます?
 
見えないものが見える、っておもしろいですよね。
 
ふだんの視覚が実は見ていないものの方が多いかもしれないって、
そう思うきっかけになりそう。
日常を疑うこと、ありきたりを疑うこと、それが自分の頭で考える
出発点のように思える。
自分の感覚にこだわること。 人と違うことに着目すること。
そういうのって大切だよなあって思うんです。

田口ランディ 編集長企画

松井孝典 編集長企画、
惑星型ランキング 「アストロバイオロジー」
地球・宇宙圏ランキング
(惑星の大きさはアクセス量、惑星色はアクセスの増減)
 

松井孝典 編集長企画




日本国政府発行インパク配布

インパク公式記録 「未来社会への胎動」
総務省大臣官房新千年紀記念行事推進室企画・制作.
 
開催の模様、関係者の声、足跡、成果、
設営者のリスト、主要なパビリオンの内容などを、
DVD-VIDEO/DVD-ROMに記録保存し、後世に伝えています。
(inpaku official archive)
 
インパク公式記録



総務省 新千年紀記念行事推進担当大臣
竹中平蔵 国務大臣の自筆サイン感謝状を拝受

日本国政府発行感謝状



※ インパク ゲートサイト: http://www.inpaku.go.jp/
※ 主催: 総務省大臣官房管理室・新千年紀記念行事推進室
※ 田口ランディ 編集長: 作家 女性 1959年 東京生れ。
※ 松井孝典 編集長: 東京大学 惑星科学 1946年 静岡生れ。

-


 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.