nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


知覚処理画像集 No.6

 


ステレオグラム 立体視の立体感 立体的な空間視 脳内処理の知覚 複数の知覚処理
無いものを見る 視覚心理の色々      


知覚処理の不思議,その6
- 無いものを見る -

━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━

身体が動いても,視界は安定しています。
網膜像が変動しても、再編され,静止認識しています。
この図は、目を動かしたり、
頭を上下左右に振ると、ランダムに “もぞ もぞ” します。
refresh dependency /No.7660 Nakahara/33

No.7660 refresh dependency

目で見て、脳で処理して知覚する、
脳で知覚処理しているので、見ている物とは異なるのです。
特に、“目だって異なる” 知覚が錯視です。
「キタオカの蛇」, この図は、ゆっくりと左回転(ccw)します。
Kitaoka's hebi (snake) /No.7760 Nakahara/34

No.7760 Kitaoka's hebi


色が無いはずなのに、“色が” 見える、
紫色の波、橙色の波、どちらの波も背景は白色なのです。
波線の色に染まって見える、「ソーミヤの波線色」,
とても不思議で、綺麗な図形です。
Sohmiya's wavyline/No.7580 Nakahara/35

No.7580 Sohmiya's wavyline

脳で生み出される、色の拡散現象。
波型の図形以外は、無色(白色)なのに色が付いて見える、
「水彩効果 watercolor effect」,
墨絵の彩色で有効な技法(視覚効果)です。
watercolor effect/No.2920 Nakahara/36

No.2920 watercolor effect


白色と黒色に接する各色(灰,赤,緑,青)は 左右同色です。
白色に接している場合は「白っぽく」、
黒色に接している場合は、「黒っぽく」見えます。
周辺(隣接)色に影響を受ける現象です。
munker, white effect/No.3980 Nakahara/37

No.3980 munker,white


物理的に存在しないものを知覚する、
エーレンシュタイン ehrenstein の主観的輪郭。
交点の色が染み出す、「ネオン色拡散 neoncolor spreading」
とても美しくて、神秘的な現象です。
neoncolor spreading/No.8340 Nakahara/38

No.8340 neoncolor spreading

白い丸の中で黒いものが光る、「きらめき格子」。
白い線の交点で、灰色がチラつく、
ヘルマン(ハーマン) 「hermann の格子」。
どちらも 見ようとすると消える、不思議な図形です。
scintillating grid/No.8470 Nakahara/39

No.8470 hermann grid



前ページ  次ページ

−06−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.