nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


知覚処理画像集 No.4

 


ステレオグラム 立体視の立体感 立体的な空間視 脳内処理の知覚 複数の知覚処理
無いものを見る 視覚心理の色々      


知覚処理の不思議,その4
- 脳内処理の知覚 -

━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━

立体感を得るのに 影は大切な要素です。
「太陽(光源)は上に、影は下にある」と 学習している脳は、
写真の上下を反対(影を反対)にすると、
月面クレータが、凸面の山として反転認識されます。
crater heteroptics/No.8884 Nakahara/20

No.8884 crater heteroptics

自然に 抵抗なく読めてしまう、不思議な文章。
「ケブンッリジ大学」された(めちゃくちゃな)単語が、文脈等の
経験的データにより、推測処理された、
トップダウン型の知覚を、実感できる現象です。
typoglycemia phenomenon. Nakahara/21


    Text by 2ch. <2009/05/08(金) 06:37:59 ID:k90ZSaDR0>

   こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
   この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の
   けゅきんう の けっか にんんげ は もじ を にしんき する とき
   その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
   じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という
   けゅきんう に もづいとて
   わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
   どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ? ...



何故だか 曲線が消えて、“直線に” 見える、
「タカハシの曲り盲(まがりもう)」,
波線の色位置(接続位置)が違うだけで、「同じ形状」の
曲線波形なのに、三角波を知覚します。
Takahashi's magarimo/No.7870 Nakahara/22

No.7870 Takahashi's magarimo


実際とは異なって見える「錯視現象」
錯視(さくし)は、解っていても、誰にも見える現象で、
網膜像を基に、脳が処理した知覚です。
横線が徐々に変化する文字列は、傾斜認識されます。
inclination phenomena/No.8872 Nakahara/23

No.8872 inclination phenomena


鋭角に傾く線を並べると、傾斜認識されます。
傾いて見える図形で円を書くと、図中には存在しない、
スパイラル(渦巻)が知覚されます。
この「フレイザーの渦巻」も、脳が網膜像を処理した結果です。
fraser spiral illusion/No.8850 Nakahara/24

No.8850 fraser spiral illusion



仮想現実(バーチャル・リアリティ)な立体空間は、
二台のカメラで切取った現実空間です。
orthostereo twincam system. Nakahara yutaka./25

orthostereo twincam system

実際とは異なる現実
 
目で見て脳で処理され知覚する,
脳が処理した知覚だから,実際とは全て異なります。
特に “目だって異なる” 知覚が錯視です。
-
無いものが見えたり,静止画なのに動いて見えたり,
形が異なって見える画像のうち,
誰でも見える,代表的な画像を集録しています。


図中に “存在しないもの”を 知覚する、
脳は、実際に(網膜像に)無いものを補っています。
物理的に存在しない、輪郭線が知覚される、
「カニッツァの三角形」, 主観的輪郭と言われています。
kanizsa triangle/No.8830 Nakahara/26

No.8830 kanizsa triangle



前ページ  次ページ

−04−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.