nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


知覚処理画像集 No.1

 


ステレオグラム 立体視の立体感 立体的な空間視 脳内処理の知覚 複数の知覚処理
無いものを見る 視覚心理の色々      


知覚処理の不思議,その1
- ステレオグラム -

━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━

3Dは本当に不思議、
左目の網膜像も右目の網膜像も2Dなのです。
目ではなく、脳が3Dに見ている、
脳が見ているのだから、網膜像とは異なるのです。
Rubin's form/No.1107 Nakahara/01

No.1107 rubin's form


脳は,左右の網膜像を基に,融合処理して認識します。
網膜像の “大きさ” は同じでも、
近くの空間像は小さく、離れているものは大きく、
幾何学的サイズに融合補正し、認識されます。
geometric size/No.7813 Nakahara/02

No.7813 geometric size


ベラ・ユレシュ(Bela Julesz)のRDS視差画像、
ランダムドット・ステレオグラムは、
視覚心理の世界に大きな影響を与えました。
それは認知プロセスが,従来説と異なっていたからです。
Julesz type RDS/No.3320 Nakahara/03

No.3320 Julesz type RDS


ちなみに 従来説の認知プロセスとは、
「形状を把握してから,融合認識する」、とする考え方です。
それに対して、RDSの認知プロセスは、
「対応点を融合してから,形状認識する」、と言う事象です。
RDS Stereogram/No.3330 Nakahara/04

No.3330 RDS Stereogram


ベラ・ユレシュ型のランダムドット・ステレオグラムは、
ステレオペア方式のRDSです。
このRDSは、ステレオビュアーで観察できると共に、
アナグリフ(余色立体)画像化が可能です。
RDS Anaglyph/No.4420 Nakahara/05

No.4420 RDS anaglyph


サイドバイサイドのユレシュ型 RDSを、
一枚絵の “シングルイメージ・ステレオグラム” にした物が、
「3Dアート,オートステレオグラム」です。
原則的に(SIS型は)裸眼立体視以外の方法では見えません。
auto stereogram/No.0173 Nakahara/06

No.0173 delta


立体視で目と脳を刺激します。
近距離で視差の無い、2D表示画面を見続けると、
その表示に慣れて(順応して)、単眼視状態になります。
3Dアート,オートステレオグラムは “両眼” で脳を刺激します。
rds stereogram/No.114B Nakahara/07

No.114b sponge



前ページ  次ページ

−01−
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.