nakahara
3Dアート

立体視の方法

3Dの原理

3Dの製作

3Dの応用

3Dの作品


知覚処理画集 perception

 


実際とは異なる現実
目で見て 脳で処理され 知覚する、
脳が処理した知覚だから、実際とは全て異なります。
特に “目だって異なる” 知覚が錯視です。

脳処理の現実 (1)  知覚処理の不思議,その1
 - ステレオグラム -
脳処理の現実 (2)  知覚処理の不思議,その2
 - 立体視の立体感 -
脳処理の現実 (3)  知覚処理の不思議,その3
 - 立体的な空間視 -
脳処理の現実 (4)  知覚処理の不思議,その4
 - 脳内処理の知覚 -
脳処理の現実 (5)  知覚処理の不思議,その5
 - 複数の知覚処理 -
 
脳処理の現実 (6)  知覚処理の不思議,その6
 - 無いものを見る -
脳処理の現実 (7)  知覚処理の不思議,その7
 - 視覚心理の色々 -




... 知覚処理の不思議現象 ...
 
■ 無いものが見えたり、静止画なのに動いて見えたり、形が異なって見える画像のうち、誰でも見える(と思われる)、代表的な画像を展示しています。

■ 総ての人の “脳” が同じでない限り、見ているものは、人それぞれに異なって知覚しています。
 つまり、見えても見えなくても、見え方感じ方が 他の人と 異なっていても 異常ではありません。

... 画像を立体視する場合 ...
 
■ 「裸眼立体視」も可能な 平行視、交差視。 そして 赤青眼鏡が必要な 余色立体視の方法があり、何れの場合も、視線の交点である、輻湊位置に結像します。


視線交点(結像位置)と焦点位置の関係。 nakahara
 
視線交点と焦点位置

CMY, 混色の図は、
図形の重なる部分も同時に認識する、
透明視図形です。 cmy color, No.4480 nakahara

CMY混色の図



3Dアート3D方法3D原理3D製作3D応用3D作品3D壁紙
- perceptual gallery -
 
 
Copyright (C) Nakahara Design office. All Rights Reserved.